イヌホオズキ

トップ > ナス目 > ナス科

 「イヌホオズキ」は北海道から沖縄にかけて分布するナス目ナス科の一年草です。古い時代に帰化した植物で,今では田の畦や野原などに繁茂しています。
 草丈は30cmから60cmくらいで,8月から10月にかけてナスの花に似た白い花を咲かせます。花後,黒い果実を付けますが有毒で摂取すると嘔吐下痢をおこします。別名バカナスとも呼ばれ,ホオズキやナスに似ているが役に立たないことから名付けられたという説があります。