アケボノシュスラン

トップ > キジカクシ目 > ラン科

 「アケボノシュスラン」は北海道から九州にかけて分布するキジカクシ目ラン科の常緑多年草です。山地の落葉樹林の下などに生育し,冬でも根元近くの葉が付いたまま越冬します。
 草丈は5cmから10cmくらいで,8月から10月ごろに淡紅色の花を咲かせます。花の色を明け方の空の色に見立てて名前が付けられたといわれています。