センニンソウ

トップ > キンポウゲ目 > キンポウゲ科

 「センニンソウ」は北海道から九州にかけて分布するキンポウゲ目キンポウゲ科の多年草です。つる性植物であり,日当たりのよい山野や道端や林縁などで,他の草木に絡みついて茎を伸ばします。
 花期は8月から9月で白い花をせかせますが,花弁に見えるのはガクであり本当の花弁はありません。
 茎や葉には毒があり,汁が皮膚につくと水腫ができ,摂取すると胃腸炎を起こします。