ナンテンハギ

トップ > マメ目 > マメ科

 「ナンテンハギ」は北海道から九州にかけて分布するマメ目マメ科の多年草です。草原や林縁などで生育し,草丈は30cmから80cm程度になります。
 茎は直立し,稜があります。葉は3小葉ですが,中央の1枚が棘状に変化しているので,2枚に見えます。花期は6月から10月で,紫色の花を多数つけます。葉がナンテンの葉に似て,花がハギに似ているところからナンテンハギの名前が付けられました。また,葉が対になって付くところから「フタバハギ」の別名があります。