メヤブマオ

トップ > バラ目 > イラクサ科

 「メヤブマオ」は北海道から九州にかけて分布するバラ目イラクサ科の多年草です。山地の林縁や道端などに生育し,草丈は1mから2m程度になります。
 茎は叢生し,分枝せずに直立します。葉は広卵形または円形で先端は尾状に尖ります。縁には鋸歯があり,対生します。花期は8月から10月で,葉腋から穂状花序を出し,茎の下部から雄花序を出し,上部から雌花序を出します。雌花は小さく球状に集まり連続して花序につきます。