アオカラムシ

トップ > バラ目 > イラクサ科

 「アオカラムシ」は北海道から九州にかけて分布するバラ目イラクサ科の多年草です。日当たりのよい道端や草原などで見ることができ,草丈1mから1.5mくらいになります。花期は8月から10月頃で淡緑色の目立たない花穗をつけます。
 昔は茎(から)を蒸して皮を剥ぎ繊維を採ったところから「カラムシ」と名付けられ,カラムシの葉の裏が白いのに対し,本種は葉の裏が緑色なので「アオカラムシ」と呼ばれています。