タカサブロウ

トップ > キク目 > キク科

 「タカサブロウ」は本州から九州にかけて分布するキク目キク科の一年草です。水田雑草として知られ,水田の脇や湿気のある場所で見ることができます。
 草丈は20cmから70cmくらいになり,細長い葉は対生します。花期は7月から9月で,小さな白い花を咲かせます。絞り汁が黒色になり字か書けるので墨斗草(ぼくとそう)の別名があります。