ウメバチソウ

トップ > ニシキギ目 > ニシキギ科

 「ウメバチソウ」は北海道から九州にかけて分布するニシキギ目ニシキギ科の多年草です。山地の日当たりのよい湿った草地などで見ることができます。
 茎は短く根生葉を出しますが,長い柄の先にハート型の葉をつけます。花期は8月から10月で,長い花茎を伸ばし白い花を咲かせますが,途中には茎を包むように1枚の葉をつけます。名前の由来は,菅原道真に縁の深い大宰府の天満宮の神紋「梅鉢紋」に見立てて,つけられたといわれています。

←花茎の途中にある葉