タイリンヤマハッカ

トップ > シソ目 > シソ科

 「タイリンヤマハッカ」は東北地方から北陸地方の日本海側に分布するシソ目シソ科の多年草です。低山から亜高山帯の湿り気のある場所に自生し,草丈は1mから1.5mくらいになります。
 葉は先が3裂し中央が亀の尾のように尖ります。花期は8月から10月で茎の先端に総状花序を出し青紫色の花を咲かせます。「カメバヒキオコシ」に似ていますが,本種はカメバヒキオコシより花が大きく花数も多くなります。

 ←葉の様子です。