ギョウギシバ

トップ > イネ目 > イネ科

 「ギョウギシバ」は北海道から沖縄にかけて分布するイネ目イネ科の多年草です。日当たりのよい道端や原野などのほか,踏みつけに強いため学校の校庭などでも見ることができます。
 草丈は低く,よく分枝して葡萄茎が地表を這い,繁殖します。花期は6月から8月頃で,花序は掌状に4〜7個の花軸に分かれます。名前の由来は,葉が左右交互に行儀よく並んでいるからとか,弘法大師に名をとった「コウボウムギ」にたいして行基の名をとって名付けられたとか,諸説あるようです。