カワラスガナ

トップ > イネ目 > カヤツリグサ科

 「カワラスガナ」は北海道から九州にかけて分布するイネ目カヤツリグサ科の一年草です。水田や畦,湿った道端などで見ることができ,草丈は20cmから30cm程度になります。
 根元からいくつかの茎に分かれ,8月から9月頃に茎の先端に小穂を密集させて付けます。本種を漢字で「河原菅菜」と書き,河原に生えて菅(スゲ)に似ていることが名前の由来になりました。