タマザキクサフジ

トップ > マメ目 > マメ科

 「タマザキクサフジ」はヨーロッパ原産のマメ目マメ科の多年草です。日本には戦後に牧草やグランドカバーとして輸入されましたが,1981年に札幌市で初めて帰化が確認されました。
 つる性であり,茎は匍匐してして伸びていきます。花は淡紅色でゲンゲのように球形に咲かせます。花期は5月から8月頃といわれていますが,写真のものは10月に撮りました。別名「ツルレンゲ」と呼ばれたり,英名の「クラウンベッチ」と呼ばれたりします。