ヨモギ

トップ > キク目 > キク科

 「ヨモギ」は本州から沖縄にかけて分布するキク目キク科の多年草です。道端や草地に普通に生え,地下茎で増殖して群生します。草丈は50cmから1mくらいになり,9月から10月頃に目立たない小さな花を多数咲かせます。
 葉には特有の香りがあり,春の新芽を草餅にしたり,天ぷらなどにして食用します。また葉を乾燥させて裏側の綿毛を採取してお灸の艾(もぐさ)を作ります。