オオブタクサ

トップ > キク目 > キク科

 「オオブタクサ」は北海道から九州にかけて分布するキク目キク科の一年草です。北アメリカ原産の帰化植物であり,日本では1952年に静岡県で確認され,現在では各地の河川敷などに生育しています。
 草丈は1mから3mくらいになり,群生します。葉は掌状で3裂から5裂します。花期は8月から9月で茎の上部に雄頭花が総状につき,その下に雌頭花がつきます。本種は「ブタクサ」とともに花粉症の原因となっています。