カラムシ

トップ > バラ目 > イラクサ科

 「カラムシ」は本州から沖縄にかけて分布するバラ目イラクサ科の多年草です。山地の道端などの湿った所に生育し,草丈1.5mくらいになります。
 葉は互生し,縁に細かい鋸歯がありつやがありません。葉の裏側は細かい綿毛が密生していて白く見えます。花期は8月から10月で,葉柄の根元に小さな花が房状につきます。茎からは丈夫な靭皮繊維が取れるため,衣類や紙などの原料として利用されてきました。