リュウノウギク

トップ > キク目 > キク科

 「リュウノウギク」は本州東北地方南部から九州にかけて分布するキク目キク科の多年草です。日当たりのよい丘陵や山地の森林周辺などに生育し,草丈40cmから80cmくらいになります。
 茎は細く,斜めに立ち上がります。葉は3つに浅く裂けており,表面は毛が生えてツヤが無く,裏面は短い毛が密集して白っぽくなっています。花期は10月から11月で,茎の先端に1個から2個の白い花を咲かせます。茎や葉は「竜脳(りゅうのう)」という香料の匂いがすることが名前の由来になっています。