ミヤマニガウリ

トップ > ウリ目 > ウリ科

 「ミヤマニガウリ」は北海道から九州にかけて分布するウリ目ウリ科のつる性一年草です。山地の林縁などで見ることができ,つるは細く長く伸びて他のものに絡みつきながら生長します。
 花期は9月から10月で,雄株と両性花株があり,雄花は総状につきます。(写真のものは雄花です。)名前の由来は山地に自生し,果実が苦い味がするところから付けられました。

    葉とツルの様子です。