タマバシロヨメナ

トップ > キク目 > キク科

 「タマバシロヨメナ」は本州の日本海側に分布するキク目キク科の多年草です。シロヨメナの変種であり,山地の林縁や木陰などで見ることができます。
 葉は互生し,広卵形になり縁には粗い鋸歯があります。花期は8月から10月で,茎の先に白い花を多数つけます。全体にゴマナに似ていますが,本種の草丈は30cmから100cm程度などに対し,ゴマナは150cmくらいまで伸びることで見分けが付きます。