ゴマナ

トップ > キク目 > キク科

 「ゴマナ」は本州から九州にかけて分布するキク目キク科の多年草です。山地から高山のやや湿った草地や道端などで見ることができ,草丈1mから1.5m位になります。
 葉は互生し,長楕円形の大きな葉で縁には鋸歯があります。葉脈が深く,ゴマの葉に似ていることが名前の由来になっています。茎や葉には細かい毛が生えており,触るとザラザラします。花期は9月から10月で,白色の花を多数つけます。