チャガヤツリ

トップ > イネ目 > カヤツリグサ科

 「チャガヤツリ」は本州から九州にかけて分布するイネ目カヤツリグサ科の一年草です。日当たりのよい草地や道端などやや乾燥した場所で見ることができ,草丈30cmから40cmくらいになります。
 葉は線形で長く多数生えます。茎の先には葉と同形の苞葉を3〜5枚つけます。花期は7月から10月で,5本から7本の花序を伸ばして小穂をつけますが,茶褐色をしていることが名前の由来になっています。全体にカヤツリグサに似ていますが,花序は分枝せず,小穂が茶褐色していることで見分けることができます。