コブナグサ

トップ > イネ目 > イネ科

 「コブナグサ」は北海道から沖縄にかけて分布するイネ目イネ科の一年草です。水田の畦や小川の側などのやや湿った場所で見ることができ,草丈20cmから50cmになります。
 茎は地表を這い節ごとに根を下ろして,上部は斜上します。葉の基部は茎を抱くようにして付き,楕円形をしています。花期は8月から10月で,茎の先端から3本から13本に枝分かれした花序を伸ばします。名前の由来は幅の広い葉をフナの形に見立ててつけられました。

 葉の様子です。この形をフナに見立てました。