ヤブツルアズキ

トップ > マメ目 > マメ科

 「ヤブツルアズキ」は本州から九州にかけて分布するマメ目マメ科の一年草です。日当たりのよい草原や林縁の草地などで見ることができ,つる状の茎を3mくらい伸ばします。
 葉は3枚の小葉からなりますが,小葉は卵形をしており,表裏に毛が生えています。花期は8月から10月で葉腋に黄色い花を数個つけます。花後には筒状の豆果をつけ,晩秋には黒紫色に熟します。