ホタルイ

トップ > イネ目 > カヤツリグサ科

 「ホタルイ」は北海道から沖縄にかけて分布するイネ目カヤツリグサ科の多年草です。平地から低山の湿地や溜池畔などで見ることができ,草丈20cmから60cmくらいになります。
 茎は細い円柱形で濃い緑色をしており,葉は退化してありません。花期は7月から9月で,花茎を伸ばし3個の小穂をつけます。小穂の先は花茎ではなく苞と呼ばれる部分ですが,1本の茎のように見えます。似たものに「イヌホタルイ」がありますが,一般にイヌホタルイの小穂は2個で,主に水田で見ることができます。