フサフジウツギ

トップ > シソ目 > ゴマノハグサ科

 「フサフジウツギ」はシソ目ゴマノハグサ科の落葉低木です。中国原産の栽培植物が野生化したとする説と,本州中部の石灰岩地に自生する在来植物とする説の2つがあります。
 樹高は株立ちで3mくらいになります。葉は卵状楕円形で対生し,裏面には毛が密生して白く見えます。花期は6月から9月で,円錐状花序を出し,淡紫色の小さい花を多数つけます。最初に野生化したものが記録された土地にちなみ「チチブフジウツギ」の別名があります。