アカミノイヌツゲ

トップ > モチノキ目 > モチノキ科

 「アカミノイヌツゲ」は北海道から本州中部にかけて分布するモチノキ目モチノキ科の常緑低木です。日本固有種であり山地帯から亜高山帯の岩場や湿地周辺で見ることができ,樹高1mから3mになります。
 葉は密に互生し,楕円形から長卵形をしており厚みと光沢があります。また縁には浅い鋸歯があります。花期は6月から7月で白色の花を咲かせます。花後には果実をつけますが,球形で赤く熟します。