セイヨウハッカ

トップ > シソ目 > シソ科

 「セイヨウハッカ」はシソ目シソ科の多年草です。ヨーロッパ原産の帰化植物であり,日本には明治時代に導入され,ハーブとして栽培されるようになりましたが,逸脱したものが全国的に野生化しています。
 草丈は30cmから100cmくらいになり,葉は楕円形または卵形で縁には鋸歯があり対生します。花期は7月から9月で,淡紫色の花を穂状または輪生させます。本種は一般にはペパーミントの名前で知られています。

 葉の様子です。