スカシタゴボウ

トップ > アブラナ目 > アブラナ科

 「スカシタゴボウ」は北海道から九州にかけて分布するアブラナ目アブラナ科の越年草です。水田や道端周辺の湿った場所に生育し草丈30cmから50cmくらいになります。
 基部の葉は羽状に裂けますが,上部のものは裂け方が浅くなります。花期は4月から10月で,黄色の小さな花を咲かせます。「イヌガラシ」に似ていますが,イヌガラシの果実が細長いのに対し,本種の果実は太く短い形をしています。

 葉は羽状に裂けています。