クワクサ

トップ > バラ目 > クワ科

 「クワクサ」は本州から沖縄にかけて分布するバラ目クワ科の一年草です。道端や草地,畑などに生育し,草丈は30cmから60cmになります。
 茎は直立し分枝します。葉は長い葉柄があり,卵形で縁には鋸歯があり互生します。花期は9月から10月で,葉腋に球状の花序を作り,紫色を帯びた緑色の目立たない花を咲かせます。名前の由来は葉がクワに似ているところからつけられました。

 葉の縁には鋸歯があり,長い葉柄があります。この葉がクワの葉に似ていることが名前の由来になりました。