オオシラヒゲソウ

トップ > ニシキギ目 > ニシキギ科

 「オオシラヒゲソウ」は本州東北地方から近畿地方の日本海側に分布するニシキギ目ニシキギ科の多年草です。低山から亜高山帯の湿った草地などに生え,草丈30cm程度になります。
 茎は細く分枝せずに直立します。葉は円形で葉柄はなく茎を包み込むようにつきます。花期は8月から9月で,茎の先に白い5弁の花を咲かせます。花弁の縁が細かい糸状に裂けるのが特徴で,それが名前の由来になっています。(写真のものはピークを過ぎていました)