ダンドボロギク

トップ > キク目 > キク科

 「ダンドボロギク」は本州から沖縄にかけて分布するキク目キク科の一年草です。北アメリカ原産の帰化植物であり,日本では1933年に愛知県の段戸山で帰化が確認され,発見した山が名前の由来になっています。
 林縁や道端,公園などで見ることができ,草丈は50cmから150cmくらいになります。葉は線形または線状披針形で不揃いな鋸歯があり,ときには羽状に裂けます。花期は9月から10月で,茎の上部に円錐花序を出し,細い筒状の花を咲かせます。