オオバセンキュウ

トップ > セリ目 > セリ科

 「オオバセンキュウ」は北海道から本州中部にかけて分布するセリ目セリ科の多年草です。山地のやや湿った場所や湿地などで見ることができ,草丈60cmから180cmになります。
 茎は太く中空で直立します。葉は羽状複葉で,小葉は卵形で先端は尖り,縁には鋸歯があります。花期は7月から9月で,枝の先端に複散形花序をつけ,白色の5弁花を密生させます。複散形花序の下には総苞片はなく,小花序の下にある小総苞片は線形で数個あります。

 葉には粗い鋸歯があります。