ナンバンギセル

トップ > シソ目 > ハマウツボ科

 「ナンバンギセル」は北海道から沖縄にかけて分布するシソ目ハマウツボ科の寄生植物です。本種は葉緑素が無く,ススキなどのイネ科植物に寄生し,寄主から栄養をもらい生長します。
 茎は赤褐色で短く,地上に出ることはありません。花期は7月から9月で,茎のような花柄を伸ばしてその先に淡紫色の筒状の花を咲かせます。