ヤマニガナ

トップ > キク目 > キク科

 「ヤマニガナ」は北海道から九州にかけて分布するキク目キク科の越年草です。低山から山地の林縁などで見ることができ,草丈は80cmから150cmになります。
 茎は直立し,葉は卵形から卵状楕円形で互生します。葉柄には翼があり,葉裏には白毛が多くあります。花期は8月から9月で,黄色い花を咲かせます。

 葉は卵形から卵状楕円形で,先は尖り,縁には不規則な鋸歯があります。また葉柄には翼があります。