マルバフジバカマ

トップ > キク目 > キク科

 「マルバフジバカマ」は北海道から近畿地方にかけて分布するキク目キク科の多年草です。北アメリカ原産の帰化植物であり,日本には明治時代中期に渡来し,大正時代には帰化が確認されました。
 市街地から森林までいろいろなところで見ることができ,草丈は30cmから1m程度になります。太い根茎から数本の茎を直立または斜上させます。葉は卵形で縁には鋸歯があります。花期は8月から10月で,頭状花序をつけ白い花を多数咲かせます。