シュウカイドウ

トップ > ウリ目 > シュウカイドウ科

 「シュウカイドウ」はウリ目シュウカイドウ科の球根性の多年草です。中国原産の帰化植物であり,日本には江戸時代に渡来し,関東地方から九州では野生化したものが見られます。
 地下には塊茎があり,そこから毎年地上茎を出し,草丈は40cmから80cm程度になります。葉は扁心形で左右非対称をしており,互生します。花期は8月から10月で,茎の先から花序を伸ばし,淡紅色の花を咲かせます。