エゾタチカタバミ

トップ > カタバミ目 > カタバミ科

 「エゾタチカタバミ」は北海道から本州中部にかけて分布するカタバミ目カタバミ科の多年草です。低地から山地の林縁や草地などに生育し,草丈は20cmから40cm程度になります。
 茎は基部では分枝せず,細く直立します。葉は3小葉からなり,葉柄は長く,小葉は倒心形をしています。花期は6月から9月で,長く伸びた花茎の先に黄色の5弁花を1個から2個咲かせます。花後には円柱形の刮ハを上向きにつけます。本種は「タチカタバミ」に似ていますが,本種は葉柄の付け根にある托葉が不明瞭で,葉の表面には白い毛が多くあります。