イガオナモミ

トップ > キク目 > キク科

 「イガオナモミ」は北海道から九州にかけて分布するキク目キク科の一年草です。本種は原産地不明の帰化植物とされ,日本では1950年代に東京で帰化が確認されました。
 海岸近くの荒れ地や川岸などで見ることができ,草丈は40cmから120cm程度になります。茎は直立してよく分枝し,表面には黒紫色の斑点があります。葉は浅く3裂し,縁には浅い鋸歯があります。花期は7月から10月で,葉腋から花序を出します。花は雌花と雄花があり,花序の先に雄花がつき基部に雌花が数多くつきます。果苞は楕円形で全体に先が曲がった鉤状の棘があり,その表面や棘に細かい毛が生えています。

 果苞の棘は先が曲がり,棘の間には細かい毛がたくさん生えています。