オナモミ

トップ > キク目 > キク科

 「オナモミ」は北海道から沖縄にかけて分布するキク目キク科の一年草です。アジア大陸原産であり日本には有史以前に移入されたと考えられています。
 草丈は50cmから1m程度で,葉は浅く3裂から5裂して縁には不規則な鋸歯があります。花期は7月から9月で,その後実を付けます。実は一つ一つがやや離れてつき,棘は疎らにつきます。現在は「オオオナモミ」や「イガオナモミ」に圧されて,本種の数は少なくなり,環境省の絶滅危惧II類 (VU)に指定されています。