トネアザミ

トップ > ナデシコ目 > ヒユ科

 「トネアザミ」は別名「タイアザミ」とも呼ばれ,本州の東北地方南部から中部地方の太平洋側に分布するキク目キク科の多年草です。山地から平地まで普通に見ることができ,草丈は60cmから1m程度になります。
 茎は直立し,上部で分枝し,枝は鋭角的に伸びます。茎葉はチョウだ県警で羽状に深裂し,先が鋭く尖ります。花期は9月から11月で,頭花は横向きや上向きのものまで変異があります。花の基部の総苞から総包片が反り返るように長く伸びるのが特徴です。