ハバヤマボクチ

トップ > キク目 > キク科

 「ハバヤマボクチ」は本州の福島県以南から九州にかけて分布するキク目キク科の多年草です。日本固有種であり,日当たりの良い山地などで生育し,草丈は1mから1.5m程度になります。
 茎は基部で分枝して直立します。葉は三角状の鉾形で縁には鋸歯があり互生します。花期は10月で,茎の先に鐘形をした総苞をつけ,多数の総包片をつけます。筒状花は赤褐色で地味な形をしています。

 茎は直立します。下部の葉は粗く不規則な鋸歯があり,茎葉は鋭い鋸歯があります。
 下の左は下部の葉で,右は茎葉の写真です。