ヤナギバヒマワリ

トップ > キク目 > キク科

 「ヤナギバヒマワリ」は北アメリカ原産のキク目キク科の多年草です。日本には戦後になって移入され,観賞用や切り花用として各地で栽培されています。
 茎は直立して草丈は1mから1.5m程度になります。葉は線形から槍状線形で互生します。花期は9月から10月で,ヒマワリに似た花を多数咲かせます。花が枯れた後には地表に幅広の葉をロゼット状に広げて越冬します。