フクジュソウ

トップ > キンポウゲ目 > キンポウゲ科

 「フクジュソウ」は北海道から九州にかけての山林などに自生する,キンポウゲ目キンポウゲ科の多年草です。旧暦の正月(2月)頃咲き出すことから,元日草(ガンジツ ソウ)や朔日草(ツイタチソウ)といったおめでたい別名があります。
 根には強心作用や利尿作用があり,民間薬として使われることがありますが,毒性(副作用)も強く,使い方を間違えると死に至ることもあります。