トウネズミモチ

トップ > シソ目 > モクセイ科

 「トウネズミモチ」は中国原産のシソ目モクセイ科の小高木です。公害に強いことから公園や路側帯などに植えられています。6〜7月頃に黄白色の花を多数咲かせ,秋から冬にかけて黒紫色の実をたくさん付けます。
 名前の由来は,中国(唐)原産であり,実がネズミの糞に似ていることと,葉がモチノキに似ていることから「トウネズミモチ」と呼ばれるようになりました。