ジャノヒゲ

トップ > キジカクシ目 > キジカクシ科

 「ジャノヒゲ」は「リュウノヒゲ」とも呼ばれる北海道から九州にかけて分布するキジカクシ目キジカクシ科の常緑多年草です。林床に群生するほか,地被植物として植栽されています。
 葉は細長く,7月頃に葉の間に花穗を出し,白から淡白色の花を咲かせます。花後に青紫の実を付けますが,リュウノヒゲにできるところからこの実を「リュウノタマ」と呼ぶことがあります。名前の由来は細長い葉を竜の髭に見立てたとも,「尉(じょう)の髭」が訛ったともいわれています。ちなみに尉(じょう)とは能の老人の面の意です。