ハンノキ

トップ > ブナ目 > カバノキ科

 「ハンノキ」は北海道から沖縄にかけて分布するブナ目カバノキ科の落葉高木です。丘陵帯から山地帯の湿地帯などで見ることができます。
 花期は12月から2月頃で,葉のない時期に花を咲かせます。花は雌雄異花で,雄花は写真のように赤褐色で長く垂れ下がります。良質の木炭の材料となるため,以前にはさかんに伐採されました。木材は油分が含まれているので生木でもよく燃えます。