アトキハマキ

トップ > チョウ目 > ハマキガ科 > ハマキガ亜科

 「アトキハマキ」は北海道から九州にかけて分布するハマキガ科ハマキガ亜科のガです。成虫の出現時期は5月から9月で,丘陵地から山地にかけて局所的に見ることができます。
 翅は淡褐色で模様が雌雄で異なりますが,雌は多数の波状紋が見られます。また,前翅の前縁の端は広がることが特徴です。幼虫はリンゴやサクラ,モミジ,ドクダミなどを食餌にしています。