クロオオアリ

トップ > ハチ目 > アリ科

 「クロオオアリ」は北海道から沖縄にかけて分布するハチ目アリ科ヤマアリ亜科のアリです。成虫の出現時期は4月から10月で,畑や林道のほか住宅地や公園などの開けた乾燥した場所で見ることができます。
 全身が光沢のない黒灰色で,腹部には褐色の短毛が生えています。働きアリには,7mmから9mm程度の小型働きアリと,10mmから12mm程度の大型働きアリがあり,大型働きアリは頭部が大きいという特徴があります。
 (1枚目の写真が小型働きアリで,2枚目が大型働きアリです。)