カブラハバチ

トップ > ハチ目 > ハバチ科

 「カブラハバチ」は北海道から沖縄にかけて分布するハバチ科ハグロハバチ亜科のハチです。成虫の出現時期は5月から11月で,アブラナ科の植物の近くなどで見ることができます。
 体色は橙で翅は黒色をしています。本種は「ニホンカブラハバチ」に似ていますが,ニホンカブラハバチの胸部背が橙色をしているのに対し,本種の胸部背は翅の付け根部分が黒色をしています。幼虫は青みがかった黒色をしておりアブラナ科の植物を食草にしているので,「菜の黒虫(なのくろむし)」と呼ばれます。
→ニホンカブラハバチ
→ルイスアカマルハバチ