エントツドロバチ

トップ > ハチ目 > スズメバチ科

 「エントツドロバチ」は本州から九州にかけて分布するスズメバチ科ドロバチ亜科のハチです。成虫の出現時期は5月から9月で平地から山地まで幅広い場所で見ることができます。
 体色は黒色で腹部に黄褐色の帯条紋が2箇所あります。成虫は泥で煙突状の巣を作りますが,それが名前の由来になっています。本種は「オオカバフスジドロバチ」や「オオカバフドロバチ」の別名があります。