サトキマダラヒカゲ

トップ > チョウ目 > タテハチョウ科 > ジャノメチョウ亜科

 「サトキマダラヒカゲ」は日本固有種で,北海道から九州まで分布するタテハチョウ科ジャノメチョウ亜科のチョウです。成虫の出現時期は4月から9月で,暗いところを好むため低地から山地にかけての森林に生息しています。
 樹液や腐果を好み,吸蜜のために花を訪れることはありません。
 このチョウによく似たものに「ヤマキマダラヒカゲ」がいますが,後翅の付け根部分にある3つの斑紋の並び方が,「サトキマダラヒカゲ」は直線的に並びますが,「ヤマキマダラヒカゲ」は「く」の字に曲がって並んでいることなどで見分けることができます。
 幼虫の食草はタケ・ササ類。蛹で越冬する。